ペニス増大サプリの効果を高める!ペニス増大トレーニング7選

ペニスを大きくしたいとペニス増大サプリを飲んでいるけど、あまり効果が分からないと思っている方におすすめしたいのが、ペニス増大トレーニングです。

ペニス増大を効率的に行うには、ペニスの成長に必要な環境を整えることが大切です。第二次性徴の時期が終わり思ったほどペニスの成長が止まってしまっている方には、特にペニスに栄養素が必要になります。ペニス増大に必要な栄養素をペニス増大サプリで補います。ただ、補ったからと言ってそれだけで増大を望むのは少し難しくなります。ペニスは周辺の筋肉を鍛えることで勃起したり勃起の持続力を温存します。栄養素を運んでも元気なペニスにしなければ効果の表れは薄いです。

ペニス増大サプリの効果をフル発揮するのは、チントレが一番効果があります。器具を使って運動変わりにするのも良いでしょうが、器具は結構高額です。器具を使わなくても、チントレは出来ます。
ペニス増大サプリの効果を余すことなく、ペニス増大に活かしましょう!

サプリと併用して行いたいペニス増大トレーニング7選

ペニス増大サプリを飲んでいる方は、ペニス増大トレーニングを行うことで、さらに大きな効果が期待出来ます。ペニス増大サプリは、飲むだけでも血流を良くしたり代謝を上げたりしてくれますが、その効能をフルに活用出来るのが運動になります。

血流が全身を巡回すると言う事は、ペニスにも栄養素が回っている状態になります。その効能をペニス増大に活かせれるのが、トレーニングになります。また、PC筋やBC筋を鍛えるトレーニングは、早漏防止にも繋がります。ペニス増大器具(ポンプ)をお持ちの方は、0.03Mpa程の圧をかけながら行うとさらに負荷がかかり増大効果を発揮します。サプリと併用したい7選のトレーニングをご紹介します。

PC筋トレーニング「クイックとスロー」

ペニス増大したいなら、PC筋トレーニングを始めましょう。PC筋とは、肛門と睾丸の間辺りにある筋肉の事で、おしっこをガマンしたときや肛門に力を入れたときにペニスがピクっと動く筋肉になります。日本名は「恥骨尾骨筋」と言います。

PC筋を鍛える事で、勃起力がUPし硬く大きなペニスになります。また、射精のコントロールも出来るようになりますよ。PC筋トレーニングを行うと、ペニスに送る血液の量も増え、精子の量、SEXやオナニーどきの感度や回復力もUPします。

PC筋トレーニングに、ペニス増大には欠かせない準備運動的な役割を担っています。また、PC筋トレーニングには、2パターンあります。スローパターンと、クイックパターンです。

「スロー」その名の通りゆっくりした動作で行います。「クイック」PC筋を素早く収縮させる動作を繰り返します。また、PC筋トレーニングは、他のトレーニングと合わせて行うことで、さらなる相乗効果が得れます。

『スローPCトレーニングのやり方』
①おしっこを止める動作を5秒程かけゆっくり行います(PC筋を意識しながら)
②今度は5秒程かけゆっくり、おしっこするような動作を行います
①と②の動作を1回とし、最初は10回程度から始めましょう。スローなトレーニングですが、意外に1回の負荷が大きいので少ない回数から徐々に慣れたら増やして行きます。最終目標は、1日50回程行うとかなり効果が期待出来ます。10回事に1分程休憩をしましょう。

『クイックPCトレーニングのやり方』
①おしっこを止める動作、おしっこをする動作を素早く行います(肛門括約筋周辺のPC筋を動かすイメージで)
①の動作を1セットとし、最初は30回程行います。30回スタートに慣れてきたら徐々に回数を増やして行きましょう。最終目標は、1日200回程行います。

PC筋トレーニングは、場所を気にせず誰にもバレずに行えます。通勤途中の電車の中、仕事の休憩中、自宅でテレビを観ながら、道具も何もいらないので手軽にどこででも出来ます。PC筋を鍛えると、射精したときの快感度がUPします。また、早漏防止のトレーニングとしても効果があります。

BC筋(球海綿体筋)トレーニング

BC筋とは、勃起時と射精時をサポートするとても重要な筋肉で、玉袋の少し後ろの辺りから体内のペニスを根元からしっかり支えています。ペニスの根元の筋肉で、日本名は「球海綿体筋」と言います。

BC筋は、尿や精液を外に出す勢いの調整や、ペニスへの血液を勢い良く送るポンプの役目もしています。BC筋を鍛えると、射精の勢いが強くなるので射精時の快感を得られます。また、射精のタイミングをコントロール出来るようになるので、楽しい長時間のプレイを行うことが可能になります。

サオの部分の陰茎海綿体と亀頭に血液を送るポンプの役割が整うことで、勃起力がUPし、硬く勃起したペニスになっていきます。ペニスに血流が多く流れると、亀頭部分も大きくなります。

『BC筋トレーニングのやり方』
①BC筋を意識しながら、5秒程かけゆっくり肛門を力強く締めます
②今度は、肛門の5秒程かけゆっくり緩めて行きます
①と②の動作をゆっくり10回行います。この動作を30~50回行います。10回に1度は1分程休憩しましょう。慣れるまでは、少ない回数から増やして行きましょう。

引っ張りトレーニング

引っ張りトレーニングもその名の通り、ペニスを引っ張るトレーニングです。ペニスは、体内に3分の1は埋まっていると言われています。その埋もれているペニスを引っ張り出し長くするトレーニングです。普通に考えたら体内に埋もれているペニスを引っ張り出したら痛そうですが、ちゃんと行えば痛くないんです。

なぜなら、ペニスは股間についているイメージがありますが、実は睾丸の裏の肛門辺りから生えています。「ワナ靭帯」と言う靭帯により、ペニスは体内に留まるよう固定されています。ワナ靭帯を緩めることで埋もれていたペニスが対外に出てきて、ペニスが長くなります。

ペニスには、余剰部分があり、その部分がワナ靭帯になります。靭帯を緩めるって不安になる方もいるでしょうが、この方法は増大手術で行われる長茎手術を同じ原理です。なので、力任せに引っ張りケガなどをしない限りは、全然問題ないトレーニング法になります。長さが欲しい方には、かなりおすすめで、PC筋・BC筋トレーニングと一緒に行いたいおすすめトレーニングです。

『引っ張りトレーニングのやり方』
①仰向けに寝た状態でペニスを出します。勃起しないよう気をつけましょう。
②右手でペニスの根元と睾丸をまとめて握り、左手親指と人差し指でOKサインを作ります。
③左手のOKサインで、亀頭(カリ)の根元部分を握ります。
④左手で亀頭(カリ)の根元の部分を握ったまま、右手で持っている睾丸をグッとお腹のほうへ持ち上げます。
⑤カリの根元を握ったまま、ゆっくり限界まで引っ張って行きます。20~30秒そのままキープします。
⑥ゆっくり元の位置にペニスを戻します。次は、引っ張りながら時計回りに10回回します。今度は、反時計回りに10回回します。
⑦引っ張り方のポイントは、回している時に、色々な方向に20~30秒ゆっくり引っ張ることです。例えば、右方向に20~30秒引っ張ったり、左方向に同じように引っ張ったり、上下に引っ張ったりと回して行きます。

ペニスを痛めないよう、ゆっくり無理ない範囲で繰り返し行います。1日5~10分を目安に行います。

ジェルキングトレーニング

ペニス増大に力を入れているアメリカなどでは、王道のトレーニング方法。ローションなどを塗って、手をスライドさせ亀頭に大量の血液を送り続けます。その結果、亀頭(カリ)を大きくする、効果の高いトレーニングと言われています。亀頭増大やペニスの長さ増大に効果があります。

『ジェルキングトレーニングのやり方』
①ペニスを半勃起状態にし、指をOKの形(親指を上側に)にしペニスの根元をギュッと握ります(亀頭がうっ血し少しパンパンになる程度が良い)
②根元を握った手を亀頭のほうに、ゆっくり2秒程かけスライドさせます。
③亀頭に血液を送るイメージで行います。普段の勃起状態より1.5倍増しのパンパン亀頭になります。
④亀頭まで手をスライドさせたら、今度は反対の手でペニスの根元を握り亀頭へスライドさせて行きます。
⑤両手で交互に繰り返し亀頭に血液を送り続けて行きます。

1日200~300回程行います。ジェルを使うため、お風呂で行うと掃除が楽チンです。また、ローションが苦手と言う方には、専用マシーンもあります。マシーンはジェルいらずだそうです。

スクワット

普通に普段行うスクワットでペニス増大効果はあります。しかし、その普通のスクワット方法を間違えている方がおられます。今回は、スクワットの正しやり方をご紹介します。正しいスクワットで、ペニス増大に活かしてください。

『スクワットのやり方』
①肩幅よりやや広めに脚を開きます。重心は親指の付け根あたりに軽く乗せます。
②運動が苦手な方やバランスが取りにくい方は、腰に手を当てましょう。
※スクワットに慣れて来たら、胸⇒頭の順に手の位置を変えて行きましょう!
③ゆっくり息を吐き出し腰を落として行きます。
※腰を落とすとき、膝が前に出ないよう意識しましょう!
④太ももと床が平行になったら、今度はゆっくり立ち上がります。
※背筋を曲げないようしっかり背筋を伸ばすよう意識しましょう!
⑤この動作を繰り返し行います。最初は5回を2セット程度にしておきます。少しずつ慣れて来たらセット数を増やして行きます。無理ない程度に行うのが一番のポイントです。

スクワットは、下半身強化にもなるので、素敵なSEXライフにも欠かせないトレーニングになります。また、PC筋やBC筋も鍛えられます。PC筋はペニスを支えるとても大切な筋肉です。血流促進効果も高いので、ペニスへも血液が流れ込みやすくなります。血流が集まりやすくなると「成長ホルモンの分泌」も促進されます。

脚上げ腹筋

お腹に負荷を与える腹筋ではなく、下腹部を中心に負荷をかける腹筋方法です。そのため、ペニス付近の血流促進効果がある上に、下腹部に付いた脂肪も燃焼し、脂肪で見えにくいペニスの方にかなり有効です。脂肪の多い方は埋没していてペニスが短くなっていることもあります。普通に埋没している部分を引き出す事も可能です。

『脚上げ腹筋のやり方』
①仰向けに寝て、かかとを10cm程度浮かせた姿勢から始めます。
※脚を上げた状態がきついなど無理なときは、膝を曲げても大丈夫です
②脚を浮かせた状態(無理な方は膝を曲げた状態)で、脚の上げ下げを息を吐きながら行います。
③30回を1セットとし、2~3セットを目標に行います。

無理ない程度から始め、少しずつセット数を増やして行きましょう。ポイントは、脚の上げ下げを息を吐きながらするところです。上下を吐きながらって息はどこで吸うのかタイミングが難しいように思いがちですが、やってみると意外に簡単に出来るものです。ゆっくり行えば息を吸うタイミングが分かりますよ。

カーフレイズ

下半身強化に効果のあるトレーニングで、特にふくらはぎに効果のある筋トレ法です。日頃あまり意識して鍛えることのない、ふくらはぎの「ヒラメ筋と腓腹筋(ひふくきん)」を鍛え、下半身全体の血流を良くします。

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉ですが、血流が良くなると身体全体の血流の環境を整えてくれます。冷え性などの改善にもなります。ただ、日頃鍛えていない筋肉なので、イキナリ過激に筋トレしてしまうと、肉離れやアキレス腱を傷めることがあるので注意しましょう。

『カーフレイズのやり方』
①足首が上下出来るような段差のある場所や台を用意します。なければ、床でも大丈夫です。
※自宅などに階段があれば一番下の段でも可能です。
②背筋を伸ばしゆっくり2~3秒程かけ、かかとを上げて行きます。
※つま先立ちしたときに体が揺れたりバランスが悪いときは、壁などに手をつけて行ってください
③上げているかかとを、2~3秒程かけゆっくり下ろして行きます。
④ふくらはぎの筋肉に意識を集中しながら、10~15回を1セットとし行ってください。

慣れて来たら少しずつセット数を増やしても良いでしょう。しかし、ふくらはぎは肉離れを起こしやすいので、筋トレ後はケアもしっかり行ってくださいね。

ペニス増大サプリとトレーニングは相乗効果あり

筋トレと一緒で、ペニス増大トレーニングにも休息日は必要です。トレーニングで破壊された筋肉は休めることでさらに強くなります。トレーニングの種類にもよりますが、1日置きにしたり曜日を決めて行うなど、筋肉の回復もしっかり行いましょう。筋トレとペニス増大トレーニングは共通している部分があり、どちらも「呼吸と不可」が関係しています。

・力を入れるときは、息を吐き出し、力を抜くときは少しずつ息を吸う
・負荷は10回程度を3セット行えるようにしましょう
・体調が悪いときは無理せず休息する
以上のようなことを注意しながら、アナタに合ったペニス増大トレーニングを選び行うと、ペニスの増大に効果が表れてきます。

また、プロテインなどを飲むのも効果的です。もちろん、ペニス増大サプリも忘れず飲んでくださいね。ペニス増大サプリの成分を効率的に身体に取り込むには、ペニス増大トレーニングが有効です。どちらか一つでは、効果が表れにくいですが、サプリとトレーニングを組み合わせることで、相乗効果がUPし、目標サイズに近づくやすくなります。