ペニス増大サプリの効果を高める!おすすめペニス増大器具5選

ペニス増大サプリを飲みチントレをすると、ペニス増大に効果がかなり期待出来る事はもうご存知ですよね。そのチントレを器具を使ってする方法があります。男性誌の裏などに怪しい器具が載っているのを見た事ある方もいるのでは。こんなんはめてチンちゃん大丈夫なん?って一瞬思ってしまう形ですよね。

怖くて使えないと言う意見も多いのですが、実は密かに人気があるんです。昔からある事はあったのですが「ペニスに直接着ける」と言う事に抵抗があったり、品質が良くなく痛みを感じたりケガをしたりと不具合が多かったようです。

現在密かに人気が出ているのは、そういった不具合が改善されペニス増大に効果がある事が分かったからでもあります。ペニス増大サプリとの併用でかなりの効果が期待出来ると、ペニス増大を目指す方々の間で話題に。どんな増大器具があり、どの様にして使うのか気になりますよね。ペニス増大に効果のある増大器具とはどの様な物なのか、どんな効果があるのかなど解説します。また、注意点なども参考にしてください。

ペニス増大器具とは?効果あるの?

ペニス増大器具は、名前の通りペニスを増大するために使う器具の事で、大きく2種類あります。
・ポンプ型
・牽引型

どちらもペニスに直接装着します。体は一定の伸縮状態になると、その負荷がかかっている部分の細胞が活発になり、細胞分裂を頻繁に行います。例で言うと「首の異様に長い部族」の方は、首に輪っかの様な物をはめ常に生活する事で通常の人より首が長く成長しています。ペニス増大器具の原理もコレと一緒です。

ペニスを常に牽引する事で、その部分の細胞を活発にしペニスを増大へと導いてくれる夢の様な器具です。でも、やはりまだ怖いし不安です。大事なペニスに器具を装着するのに抵抗があります。しかし、ペニス増大サプリを飲んでいるならチントレより効果のあるペニス増大器具を使う事で、少しでも早く大きなペニスになると言われたらどうしますか?

やっちゃいますよね。もちろん使う気満々になります。チントレより効果が高いと言われているペニス増大器具ですが、ポンプ型と牽引型どっちがより効果的なんでしょうか?イタリアのトリノ大学の研究で、ペニスは引っ張るほうが効果があると論文で残っています。と言う事は、牽引型のほうが効果が高いと言う事になります。

ただ、どちらを使用するにもチントレより制約がかかる事が多いのも事実です。チントレは毎日行わなくても良いと言われていますが、ペニス増大器具は基本的には毎日装着します。だいたい1日6時間以上装着する物も多く、装着の時や器具をはめている時間帯に彼女や奥様に見られる事もあるでしょう。

そのため、チントレと違い内緒で行う事が難しいのが、ペニス増大器具の困ったところです。彼女や奥様を喜ばせたいからと相手に伝えても、その姿を見たくないと言われてら凹んでしまいますよね。この辺りの問題をどうするかも購入する前の課題になります。

ペニス増大器具の種類とメリット・デメリットを比較

先ほども少し話ましたが、ペニス増大器具には、ポンプ型(ポンプ式)と、牽引型(牽引式)との大きく2つに分けられます。それぞれの器具には特徴があり、ご自身のライフスタイルに合わせてどちらにするか考えれば良いのではないでしょうか。ポンプ型は、価格もピンキリで数千円の物から5万円程する物もあります。牽引型の場合、平均2~3万程度になっています。

ポンプ型の特徴とメリット&デメリット

勃起したペニスにシリンダーの様な形の容器をペニスに装着しポンプで吸引し、陰茎や亀頭を増大させます。ペニス増大効果はかなり高いと言われています。空気圧式と水圧式があり、電動と手動があります。

『ポンプ型の特徴とメリット』
・ペニス全体に効果があり、太く長く大きくする事が出来る
・1日の装着時間が短くて良い
・手で圧力加えなくて良い
『ポンプ型のデメリット』
・ペニスが曲がっている場合の矯正には不向き
・時間と圧力の管理をしっかり行わないとケガをしてしまう(水ぶくれなど)
・装着している間は他の事が何も出来ない
・衛生面の問題や破損トラブルが多い
・一人二なれる時間や場所が必要

牽引型の特徴とメリット&デメリット

普通の状態のペニスに器具を装着し、自分で調整しながらペニスを引っ張っていき、陰茎や亀頭を増大していきます。常に装着しペニスの長さを伸ばしていくので太さより長さに効果があります。ペニスが少し長くなれば、少しずつひっぱる力を上げ目的のサイズまで増大させていきます。

太さに効果があまりないと言われている牽引型ですが、口コミでは太さが4cmUPしたなどの声もありますのでホッとします。

『牽引型の特徴とメリット』
・太さよりも長さのほうに効果があり長くしたい方向け
・ペニスの曲がりを矯正出来る
・装着したまま生活が出来る
『牽引型のデメリット』
・ペニスの太さを太くする事には向かない
・1回装着すると長時間着ける必要がある
・2時間に1回休憩を入れなくてはいけない
・衛生面や長時間装着するのでトイレの問題

ペニス増大器具おすすめ5選

ペニス増大の効果を実感したい、チントレをしているがもっと効果のある方法は、など様々な思いを持っている男性も多いでしょう。チントレとペニス増大サプリの相乗効果は定評です。

しかし、もっと効果が欲しいと願うのは男のサガですよね。そんな方々におすすめなのが「ペニス増大器具」を使った増大方法。

ペニス増大器具を昔に購入した方からすれば「あんなケガしたり痛い物使いたくない」と思われるかも知れませんが、どの商品も改良され使い勝手の良い物へと変貌しています。なので、安心してお使い頂けます。ただ、牽引型の場合、長時間(8~10時間)装着し、2時間に1度ほど休憩を挟まなくてはいけないので、少し面倒くさい部分はあります。

しかし、密かに人気が上がって来ていてる、ペニス増大には欠かせないアイテムになりつつあります。今回は、そんな中で昔から人気のある器具や改良されさらにレベルアップしたペニス増大器具を5選紹介します。

アンドロペニス・ゴールド(牽引型)価格27,580円(税別)

1999年から「アンドロメディカル社」から、販売されているペニス増大器具のブランドで、世界120カ国100万人以上の方が愛用しています。また、日本でも5万人以上の方がお世話になっているのだとか。1日2時間以上の装着を6カ月行うと、長さ4cm、太さ1.5cmの増大効果が期待できると言われています。その秘密は、常時600g~1200gの力でペニスを牽引(引っ張る)する事で、ペニスの細胞を成長させ分裂し増加させていきます。

ペニスに限らず人の身体細胞は、負荷がかかる事で、細胞が成長し増加することが医学的に認められています。また、この原理はたくさんの治療法に応用されています。例えばですが、交通事故などで長さが短くなった足や腕をハーネスなどで固定し伸ばします。

海外では、首・耳たぶ・唇などを増大したり長くしたりと牽引している部族もあり、人類の歴史が牽引の素晴らしさを証明してくれています。ペニス増大器具の牽引型はその現代版とも言えます。

『装着の仕方』も簡単で、シンプルなオーソドックスな方法です。自分のペニスサイズを計測し、上部部品を外し、軸を追加しながら調整します。ベルトをスポンジに通し、亀頭全体を露出します。ベルトをペニスに装着し、ベルトをカリ部分にあて調整し、ベルトを固定するだけです。

着けてペニス器具に慣れるまでの期間(約1~2週間)は、牽引力は少し弱めにしておきましょう。ペニス器具を付けて約1カ月過ぎたら、ペニスやご自身に負担ない程度の牽引力にします。早く増大させたいと無理をすると、ペニスにケガをしたり、継続する気持ちが萎えてしまいますので、ゆっくりマイペースに行ってください。

また、アンドロペニス・ゴールドは、約6カ月~1年ほどが使用期間の目安になっています。臨床実験をした、22~60歳の方の97.5%の方々に「長さ3~5cm、太さ0.5~1cm」のサイズアップ効果があったそうです。1日の装着時間は、2~10時間です。発売当初の実験データでこれほどの効果があったのなら、改良を繰り返し行われている器具なので、期待出来ますね。

日本製アンドロヤマトV3(牽引型)価格17,800円(税別)

扱いやすさと不快感を抑える事を目的に作られた純日本製のペニス運動器具。プラス3cmを目指すペニス増大器具で、開発するのにモニタリング調査をし、実際に使って貰った人達の使いやすさや効率などを追求し、出来た究極の製品となっています。

従来品よりも価格を抑えているにも関わらず、安心・安全の日本製なのが使用する側からすると嬉しいですよね。また、他社にはない機能がアンドロヤマトにはあります。休憩(ロック)機能が搭載されていて、使用中の器具を外さず緩める事がズボンの上からでも簡単に行えます。牽引を一時的に止めたい時やペニスを休憩させる時にとても便利です。

V3は強く安全にペニスを引っ張れるのが人気の秘密ですが、ペニス増大器具を初めて使う方には不評な一面もあります。なぜなら、V3のヘッドが初心の方には装着しにくいと言う意見が多かったのです。トレイの面積が少し狭くバンドロック用の突起が不快感を与えるようです。

装着し慣れている方だと問題ない事なのですが、初心者の方には装着段階の時点で疲れてしまう結果に。せっかく効果がある器具と言われても装着で疲れてしまったのでは、意味がありません。

しかし、そこで考え出されたのが、「初心者ヘッドパーツ」。アンドロヤマトV3公式サイトでは、初心者の方用に「初心者ヘッドパーツ」をセットで付けて販売する事に。装着しやすさを優先にトレイの面積幅を広くし、バンドロック用の突起を無くし不快感を取りのぞく事に成功したパーツです。

ペニス増大器具に慣れて来たら、効果の高いV3ヘッドに装着しなおせば、良いだけと言う配慮も最高です。最初は付ける事に慣れ、慣れたら増大効果の高いパーツに取り換えるだけなので、初心者からベテランさんまで使えるお得な器具です。

ちなみに通常価格は「17,800円(税別)」です。公式サイト以外にも、Amazonやヤフーショッピングなどでも販売されています。キャンペーンなどで安く購入出来る時もありますので、何件かで価格は調べてから購入してください。初心者の方は、初心者ヘッドパーツが付いているかも確認を。

パワーゲージ(ポンプ型:手動式)本体価格13,330円(税別)

ニューハーフのAVビデオにも登場する程の人気のパワーゲージ。本体価格以外にシリンダー代がいります。AV男優やホストの方の間でも話題の増大器具で、純日本製の手動式の真空ポンプです。ペニスの増大は、医学的にも根拠があると欧米では、ペニス増大の外科手術や医療器具等も政府から認可されているそうです。ペニス増大は、男にとって重要な事と認められている国っていいですよね!日本では、コソコソやらないとダメってイメージ大きいです。

ペニス増大に必要な、海綿体組織の成長を補ってくれるのが、この増大ポンプ型のパワーゲージです。増大ポンプは、ペニス内の海綿体組織を成長させ平常時や勃起時のペニス増大サイズを大きくしてくれます。通常時のサイズアップも可能なのは嬉しいですね。

パワーゲージの吸引力で、海綿体細胞を風船のように膨らませ、大きく膨らんだ状態の海綿体組織内に、いつもより多くの血液が流れ込んでいきます。なので、いつもよりサイズの大きくなった勃起状態になります。器具で、勃起したペニスの根元を強く締め付ける事で、ペニスに血液が閉じ込められパンパン状態になります。

この動作を毎日繰り返す事で、海綿体の容量が大きくなりペニスが少しずつ大きく成長し、増大していきます。これは、ペニスが成長する第二次性徴の時期に自然に起こる動作を器具で行っているのと同じと言う事になりますよね。成長がとても期待出来ると言う事です。

また、嬉しいのが純日本製のため、海外製のペニス増大器具より一回り小さく設計されているため、日本人のペニスに合わせやすくなっています。しかし、パワーは海外製の2倍あるので増大効果はこちらのほうが上と言えます。

パワーゲージでペニス増大を目指しつつ、PC筋とBC筋を鍛えるとさらなる効果が期待できます。ペニスにはめるシリンダーも6サイズあり、本体+シリンダー1本のセットで購入するとスグに使用開始出来ます。シリンダーサイズによりセット価格の金額は変わります。他にもお得な2本セットなどもありますので、ゆっくり検討して見てください。

ミスターハイ(ポンプ型:電動式)本体価格23,100円(税別)

 

電動式のペニス増大器具で、ACアダプター以外に単三乾電池4本でも作動する優れもの。長年の研究の結果、性能と利便性に優れたペニスストレッチマシーンになりました。「シンプル・イズ・ベスト」設計なので、誰でも簡単に操作出来るのが特徴です。世界で初めての小型携帯型、電動ペニス器具は手動式が面倒くさいと感じている方にも好評です。手動式だと効果のある負圧を感じない方にもおすすめです。

ペニスに装着するシリンダーのサイズは6種類。プロテクターは吸引時の痛みを軽減する設計になっています。ペニスの根元の埋没している部分を効果的に伸ばせるよう、独自の開発技術で設計し安全で安心して使用出来るようになっています。

縦方向に吸引するので、ペニスの根元の埋没部分を少しずつ伸ばし、引き出して行きます。また、亀頭部にも同じような効果を与える事が出来ます。ペニスの中胴部より亀頭部に効果を発揮するので、先太のたくましいペニスになります。亀頭部は太いと女性は喜びますよね。

小型携帯式なので、重くなく片手で操作出来るので楽チンです。自宅ではACアダブターを使い、出張中は乾電池を使うなど場所や用途で使い分ける事の出来る電源も嬉しいものです。音も従来品に比べると静かなんので安心です。シリンダーも6種類あり、陰茎の埋没状態や形状などにより選ぶ事が出来るので、アナタに合ったベストシリンダーを見つける事が出来ます。

そのシリンダーは透明の強化プラスチック製で、負圧のかかり具合やペニスの膨張度合いを目で確かめながら吸引出来るので安心安全です。シリンダーがしっかり密着すると約15秒程で負圧がかかり、増大している感じが分かります。

また、開放バブルと乾電池で何か他の事をしながら吸引出来るのも「ミスターハイ」の大きな特徴です。吸引し過ぎていると感じたら、シリンダーに接続しているエアバブルを指で押すだけで負圧を開放出来ます。圧力を調整しながら行えるのも増大器具を使用している方からすれば助かる機能ではないでしょうか。

付属のジェルを使用し吸引力を上げ、シリンダー底部にシリコン製のプロテクターを使用し圧迫痛を軽減し、材質に柔らかいシリコンゴムなどを使用するなどし、ペニスへの負担を考えた設計で痛みの軽減やフィット感が良いと評価は高いです。

ハイドロマックスシリーズ(ポンプ型:水圧式)価格17,800円(税別)

バスメイトという増大器具の構造をベースに、改良させ機能UPさせたパニス増大器具で、吸引力が35%UPしています。使用感もかなり向上し増大効果もかなり期待出来ます。シリーズには×20、×30、×40とあり、勃起時のペニスサイズで使用する種類が選べるので、アナタにフィットした物が選べます。×40だけ若干価格は変わりますが、ペニスが増大するにつれ価格が上がるなら喜んで揃えますよね。

また、数多くポンプ型のペニス増大器具が販売されていますが、水圧式ポンプは長さ・太さ共に即日から効果が期待出来ると言われています。安全性や費用もぺニス増大器具の中では、コスパが良いとも言われています。

従来からあるバストメイトより35%吸引力もUPしたのも有難い事です。また、シリンダーに回転機能が付き使用中のペニスの増大やペニスの状態を見る事が可能になりました。従来のバストメイトでは、パッドの不具合で睾丸がシリンダー内に吸い込まれるなどのトラブルもありましたが、改善されました。パッドにソフトな素材を使用する事で身体と密着する部分の使用感も良くなっています。

『使用方法』は、慣れれば簡単です。水圧式ポンプは、お風呂タイムの時に使用します。増大器具の下準備をしたら、湯舟に浸かり身体を温めて、血流が全身良くなってから使用しましょう。湯舟の中に増大器具を入れ、シリンダーの中をお湯で見たします。その状態で、ペニスをシリンダーに挿入し、下腹部に押し付け密着させます。湯舟から上がり装着したシリンダーの先端から余分なお湯を排出します。

ハイドロマックスを身体に押し付けると本体の先端からお湯が排出出来ます。何度か行いお湯が出なくなったらシリンダー内の吸引状態もOKと言う事になります。また、安全性を守るために少しずつ吸引力が弱まるように設計されています。吸引力が弱くなってきたと感じたら、身体に本体を押し付ければ吸引力が戻ります。

ハイドロマックスの使用時間は、最大で15分なので時間が来たら減圧しペニスをシリンダーから抜きましょう。減圧の仕方は、バブルを本体側に押し込むだけで、簡単にペニスが抜ける様になっているので安心です。お風呂タイムに使用する水圧式は、血行促進している状態で行えるのでペニスへの血液量が多くなり増大効果もUPします。

ペニス増大器具を買う時の注意点

ペニス増大器具を買う時は、自分の生活スタイルも考えなくてはいけません。同性相手や結婚している場合、器具を使用する1人になれる時間があるのかなども問題になってきます。相手が知らなかったり、理解していないと目の前で増大器具を使えませんよね。

また、ペニス増大器具の種類を把握する必要もあります。増大器具には、それぞれ特徴があり、どれが自分に合っているのかを見極める必要もあります。牽引型が良いと論文やペニス増大器具の研究をしている方々が居たり、ポンプ型のほうが良いという方もいます。

最終的には自分自身で決める事ですが、それぞれのタイプに難点がある事も。ポンプ型の空圧式は、人によっては「うっ血、水ぶくれ」などを起こす事があるそうなので、注意しましょう。気をつけるには、中国製など安価な1万円以下の商品は買わない、2~3万円程する様な物を買うなど、一般的な購入金額や人気のある商品を調べておく事をおすすめします。

ペニス増大器具を効果的にUPするには!

ペニス増大器具は、ペニスを大きくする原理や仕組みに乗っ取っている事が分かりました。こらなら安心して使用出来ますね。第二次性徴から成長の止まったペニスでも増大出来る事も分かりました。思わず飛び跳ねてしまいそうです。

まだまだ、ペニスが小さいと諦めず頑張れます。ペニス増大器具を使用し効率的にペニスを大きくするには、ペニス増大サプリを併用したり、PC筋やBC筋を鍛えるトレーニングを一緒に行うと、より効果的です。器具だけに頼るのではなく、ちょっとして努力をプラスする事で画期的な増大効果が期待出来るなら、やりますよね。

また、手動式より電動式がと言う方には、「パワーポンプ」がおすすめです。日本製で6サイズのシリンダーがペニス増大に大きく貢献してくれます。スイッチを入れるだけで適切な吸引の圧を調整してくれるのも楽チンです。