ペニス増大サプリは安全?キングが教える増大サプリの副作用と危険性

ペニス増大サプリって本当に安全なのか?何種類もの成分が配合されていているけど副作用は?危険性は?と不安に思うのは当然だと思います。ペニスを大きくしたいという願望は私にだったもちろんあります。

血液量を増やし、ペニスを興奮させ、血流をパンパンにし、膨張させ少しずつペニス海綿体サイズを大きくし、と言われても実感ないです。それに、ペニスにそんなけ血液流して大丈夫なの?と反対に思ってしまいます。配合されている成分も動物系や植物系、アミノ酸系など種類が多く、身体に良さそうな物もあるが、これはどんな作用がある成分なの?と、知らない名前の成分たくさん配合されています。

薬やサプリに素人な私には、これが良いんだよ、効果あるよ、と言われてもさっぱりチンプンカンプンです。ただ、ペニスに効果があるなら欲しいなと漠然的におもうだけです。

また、もっと身近な場所で販売していれば、コッソリ商品を手に取りみることもできますが、販売元も通販サイトばかりでは、少し不安になってしまいます。健康食品だから、身体を害する成分はないだろうが、使用目的の場所が場所だけに使い物にならなくなったらどうしようと真剣に悩んでしまいます。

今回は、そんなペニス増大サプリが安全なのか?副作用は?危険性は?などについて解説したいと思います。人気の高い海外製のペニス増大サプリについても調べてみました。

ペニス増大サプリは安全なのか?

ペニス増大は男性の永遠の夢であり課題でもあります。ハッキリ言い切ってしまったが、私も深く思います。手術するのは怖いし、チントレも毎日大変そうだし、と言い訳をしながらダラダラしてます。

そこで目にしたのが「ペニス増大サプリ」

飲むだけで理想のペニスサイズに!「お~なんて素晴らしい」と、100人中98人くらいは一瞬思うのでは。しかし、飲むだけでデカクなるなら誰も苦労せんはなって次の瞬間思うのです。そう言いながら雑誌や携帯の画面を見直すんですよね。悲しい・・。

少し成分や内容を読みながら「こんなに効果あるなら買ってみようかな」「でも、これって安全なん?」「男性ホルモン分泌って、大丈夫なんやろか?」など、買う前提で悩むんですよね。確かに飲んで何カ月で今まで小さいことで悩んでいたペニスが大きくなること自体が不思議です。身体に何か良くない気もし脳が危険危険と叫んでしまいます。

日本でのサプリの位置は、健康食品や栄養補助食品です。そのため、健康に害を及ぼすような成分は配合されていません。通販などで販売されている、ペニス増大サプリも実は医薬品ではなく、健康食品などに分類されます。そのため、健康に害を与えるような成分はないので安全で安心と言えます。ただ、何でもそうですが、100%ということはありません。その時の体調や健康状態によっては害をなすこともあります。

アレルギー体質で配合されている成分でアレルギー反応がでてしまう、心臓に持病がある、高血圧の方などは、血流を良くする成分たっぷりのサプリなので副作用がでることがあります。また、飲酒しての使用も控えるよう記載されています。ペニス増大に効果のあるサプリですが、身体に合わない場合は安全とは言い切れない部分もあります。

ペニス増大サプリの危険性

ペニスが小さくて悩んでいる男性は大勢いると思います。何となく他人と比較し勝手に落ち込んでを繰り返している方も多いはず。ペニスを大きくしたいと考えてはいるが中々踏ん切りつかない気持ちも良く分かります。普通に考えて何年も悩んでいるペニスサイズがサプリを飲むだけで大きくなる!と言われても怖いですよね。

ペニス増大サプリを飲んでみたいが、効果があると言われれば言われるほど、身体に危険性がないのか考えてしまいます。小心者!と怒られるかも知れませんが、ペニスサイズを大きくする代わりに何かを失うのも嫌ですし。どんなペニス増大サプリに危険性があり、止めたほうがいいのか、探ってみました。

国内製造のペニス増大サプリの危険性

日本製のペニス増大サプリには、危険性がないと言われています。日本製のペニス増大サプリは、日本人に合うように配合されていて、日本人の基準に合わせた内容物になっています。配合量にも配慮されていて、1日に必要な摂取量やバランスを考えた配合になっています。

ペニス増大サプリの大きな特徴は、血流を良くすることです。身体に負担ない程度の血流の促しをしてくれます。ただ、体質や体調によって効果がスゴク作用する時がありますので、そのような時は飲むのを止めましょう。違和感を感じた時も飲むのを止め様子をみて、あまりに体調がおかしいようなら、医師の受診をおすすめします。

外国製のペニス増大サプリの危険性

タイや中国、台湾やマレーシアなどのアジア系のペニス増大サプリを飲んで体調が悪くなったという口コミや体験談を時々みかけます。

アジア系(日本以外)のペニス増大サプリには、増大に効果が期待できる成分が大量に配合されており、即効性や効き目が強い物があります。そのため、飲み慣れていない成分に日本男性の場合、過剰に反応してしまうことがあり危険なことになることもあります。軽度から重度まで様々な副作用を起こすこともあるので注意しましょう。重度の副作用の場合、幻覚症状をみることもあるそうです。

海外製のペニス増大サプリを買う時は、成分に気をつけることをおすすめします。海外メーカー輸入商品の場合、天然由来成分が多く、ハーブなどが良く使われています。ハーブなので安心と思いきや、日本人の体質に合わないことも多々あります。

『ペニス増大サプリを飲むうえでの注意』

体質に合わない、体調が悪くなるなど違和感がある方は飲む時注意する方が良いでしょう。早く効果をだしたいと記載量以上を1日に飲み、副作用がでたという報告はあるそうです。用法用量は守りましょう。

また、血流を良くするサプリなので、心臓に持病を持っている方や、血液に関連のある薬を飲んでいる方は、記載量でも問題が起こる可能性があるので危険です。

ペニス増大サプリに副作用ってあるの?

日本製のペニス増大サプリは、健康食品や栄養補助食品に分類されます。そのため、誰でも飲めるような成分が配合されています。ただ、サプリとは言え、体質に合う合わないなどもあります。誰にでも合うように配合されていても、合わなければ副作用としてでることも。

ペニス増大サプリは、血流を良くするために意図的に血流がUPする成分を配合しています。そのため、血行が良くなります。心臓に持病を持っている方、高血圧の方は飲まないほうがいいでしょう。また、飲酒時も効き目が強くなり危険な時もありますので、止めておきましょう。

日本製のペニス増大サプリの成分が安心と言われていても、その成分自体のアレルギーを持っている方が飲めば、副作用としアレルギー発作を起こすこともあります。ペニス増大サプリを買う前にしっかり内容成分を把握しておく必要があります。効果を早めたいと過剰摂取すると副作用の原因にも。

日本製のペニス増大サプリでは、違和感を感じた、お腹を壊したなどあまり重篤な副作用は聞いていませんが、少しでも身体がおかしいと感じた時は注意が必要です。

気をつけたいのが、海外製のペニス増大サプリの副作用です。海外製のペニス増大サプリの場合、外国では有名なハーブや精力剤でも、日本では医薬品の分野になり使用していない物が多数あります。そのため、副作用がでても分からず酷い状態になってしまうこともあります。

『ペニス増大サプリの副作用』
一概に言えませんが、飲んだことによりでたであろう副作用はこのような症状だそうです。
発熱、頭痛、倦怠感、手足のしびれ、動悸や息切れ、吐き気、ほてりやのぼせ、酷い症状の場合「幻覚症状」が起こった方もいるそうです。

海外製の場合、強い作用を持つペニス増大サプリもあり、日本人の身体に合わない成分もあります。このような症状がれば、飲むのを止め様子をみてください。あまり酷い症状なら、医師への受診をおすすめします。ペニス増大サプリを飲んで、とは言いにくいなら、どんな成分を飲んだか説明すれば医師は察してくれますよ。

男性ホルモンの影響は?

ペニス増大サプリのほとんどの効能に「男性ホルモンの分泌を促進」とあります。男性ホルモンの影響はないのでしょうか?と、不安になりますよね。ペニス増大には絶対「血行促進と男性ホルモンの分泌」が必要になります。ペニスを「デカク大きくしてくれ」と伝達するのも男性ホルモンの役目です。

性的興奮がUPし、脳下垂体から男性ホルモンが分泌されペニスに「大きくなれ」と伝達されます。男性ホルモンの分泌が増えれば増えるほど、さらなる伝達が行われ、ペニスはデカクなろうとします。男性ホルモンの分泌は嬉しいのですが、私もちょっと心配したのが「ハゲないか?体毛が濃くならないか?」ってことですよね。

安心してください!大丈夫です!
ペニス増大サプリは、身体の中の男性ホルモンを増やすのではないからです。性的興奮状態を起こしその時に分泌される男性ホルモンの量を一時的に増やすだけなのでハゲたり、体毛が濃くなったりということにはなりません。これで安心して飲めますね。

ペニス増大サプリは安全な物を選びましょう

自分に合ったペニス増大サプリを飲めば安全で副作用の心配がないのが分かりました。しかし、体質や体調は自分でも分かっていない時があります。飲む前にしっかり説明書や内容を読み、用法用量を守りペニスをデカク大きくしたいですね。

持病を持っている方でペニス増大サプリを使いたいな~と思われている方は、医師へ相談してからのほうが安全です。「ペニス増大サプリを飲みたいんです」とは、相談しにくいかも知れませんが、血流に関する薬を服用しているのであれば、危険性がないとは言えませんので注意が必要です。